日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜ドラマ

<<   作成日時 : 2006/02/13 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「功名が辻」
コメディで名を馳せた女優だけあって、コミカルな演技はお手の物ですね、仲間由紀恵さん。毎週笑わせていただいております。
夫にしゃもじを突きつけて演説を始めたり。いったいそのしゃもじになんの意味があるのか。現代ならマイクか、とでも思うところだけど。
千代がなにかやらかすたびに、いちいちコメントをつける吉兵衛もかなり笑えます。

新右衛門一家がやってきた事で困窮する山内家の台所事情。あっという間に米びつが空になっていく描写がわかりやすくてよかったのですが。
たかだか食事を減らしたぐらいで解決するような問題だと本気で思っているのか、千代。
あれやこれやとその場しのぎはするものの、結局はぶっ倒れて、一豊様にバレてるし。一豊様はそんなケナゲでちょっとおバカな妻のために猪を捉まえてきてくれます。やさしい夫だ。一見、それで全てが解決したように見えるけど、しかし別に根本的な解決にはなってないと思うよ?毎日一豊様が狩りに行ってくれるんなら別だけどな。

はっはっは、出ましたよ、三谷幸喜。脚本の大石静のリクエストで実現したという足利義昭。
いやその前に、三谷幸喜自身が「足利義昭をやらせたら、俺の右に出るものはない」って言ってたんだっけかな。ま、なんにしても普通に芝居できるんだな、アノヒト。

明智光秀役は板東三津五郎。あんまり好きじゃないんだけど、光秀役だからまあいい。
その光秀を厚遇する信長は、お濃に「きっと馬が合わないだろう」と言われたことへの反発なのか。「鳴かぬなら殺してしまえ」の信長だしな。そう言われたら意地でも使いこなしてやろうと思うのか。義昭との対面のために、礼儀作法をうるさく言われて怒り出すかとおもったら、意外と素直に聞いてるし。うつけといわれた青年時代とは違うってことだよね。
その信長と義昭の対面シーン、その前の光秀と信長の対面シーン。この落差がね。比較しろってことよね。
しかしお濃様と光秀の関係。そう来るかって感じだったわ。


「輪舞曲−ロンド−」
ヨンジェが確信犯というのは、どうやらワタクシの勘違いだったようです。まだシッポ掴んでなかったのね。まあ今回ので本格的にバレたようだけど。
ヨンジェとユナの関係も気になる。ヨンジェは一体ユナの何を知っているのかなあ?妥当なところでユナのお父さん関係だろうけど。

ショウ(タクミ)とお母さんのシーンには普通に感動させられました。今回のでショウの焦りとか、なんでやたらと先走るのかとかわかったし。でもあきらとのシーンには一応「いきなり裏拳かよ!」とツッコませて頂きたいと思います。
Pのお言葉どおり、だんだんとらぶろうまんす色が強くなってきたのでね。
別にらぶろうまんすが悪いといってるのではなく、もうちょっとね。風間の側の人たちを丁寧に描いてくれないかなあって思うのですよ。あんなちらっとではなく。龍吾はちっとも動かないし、お嬢の意地悪にしたって、結局ユニが病院に担ぎ込まれるための前フリに過ぎないのかって感じじゃないですか。あんなにおいしい設定なのにそれじゃあんまりでしょ?
あの兄妹がもっと事件を引っ掻き回して複雑化させてくれたら面白いのに。このまま話がショウとユナの恋愛と神狗のモグラ探しに終始したら、あたしかなりダレるよ?たぶん最後まで見つづけはするだろうけどさ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ『功名が辻』感想です。
NHK大河ドラマ[:テレビジョン:]『功名が辻[:日の出:]』は、一応見てはいたのですが、感想書くのは初めてです[:楽しい:]。昨日はまあまあ面白かったと思います[:おはな:]。 ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/02/13 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜ドラマ 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる