日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜特撮

<<   作成日時 : 2006/03/26 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「セイザーX」
自分から一緒に暮らせと言っておきながら、いざ拓人が一緒に行くというとだめだと言う。
微妙な乙女心、サンダーラ。
しかしこのネタはもうちょっと引っ張るのかと思ったんだが、あっさり2週で片付いてしまった。
広げた風呂敷は即座に畳み込む。相変わらず仕事の速いセイザーXでございます。


実は雷神ゴードの中にあったコスモカプセル。それが欲しければ自分で奪えとサンダーラは言う。
仕方なく戦い始めた拓人に、セイザーXは総出で応援。同じくコスモカプセルが欲しいネオデスカルに、シャーク隊長を付け狙うジャッカルまで出てきて、敵味方入り乱れての大乱戦。
しかし、スピードと華麗な技が売りのセイザーアクションですが、巨大メカ戦は着ぐるみがごつすぎて動きが鈍く、イマイチ燃えられません。
艦隊戦はわりと見ごたえがあるんだけどなあ。


その乱戦に、サンダーラのほかにただ一人参加しなかったのが、恋する男、ブレアード。
昔は一番血の気が多くて、アクアルたちが止めるのに必死だったのになあ。
変わっちゃったのね、ブレアード。しんみり。
本当の「運命の相手」は自分だと必死でサンダーラに売り込むものの、サンダーラも恋する乙女なので、軽くスルー。
報われない。

百万年に一度しか開かないという地下への扉。
サンダーラはどうにか拓人を連れ帰ろうとしていたけど、その扉ってどれくらいの間、開いてるもんなの?
本来の歴史では、ブレアードと結婚して子供が出来て、その後に地下に帰ったということになってるようだけど。
「一度閉まったら、次に開くのは百万年後」というサンダーラの言い方は、なんか締めずに開けておけば、そのまま開きっぱなし、というように聞こえるんだけど。
それならそれで、サンダーラはもうちょっと地上で頑張れば、思いは実ってたかもしれないな〜。
まあ、拓人とサンダーラのカップルというより、「恋するブレアード」というのを私がもうちょっと見てたかっただけなんだが。
しかし、本来の歴史。嫁に逃げられ子供を抱えてうろたえるブレアードっちゅうのもちょっと見てみたい。かも。


サンダーラが地下へと帰ったことで未来の歴史が変わり、グローザが消えてしまいました。
雷将軍の血を引いていたグローザ。ということは、あのブレアードの血も引いているということで。
ホント似ても似つかない。
しかし消えるということは、生まれてくるはずの人が生まれてこなかったということで、その人の歴史が全て抹消されたんなら、その人に関わった人たちの歴史も変わってくるハズなんだが。
ま、私が言いたいのは、例えばグローザに殺されたはずの人たちは生き返ったりしないのかな〜ということで。
さらに言うと、滅ぼされたはずのレミーの故郷の星が、滅ぼされずにすんだりするんじゃないのかなということなんだけど。
歴史が変わるんなら、最終的にそういうことになるんじゃないかと、期待をもって今まで見ていたわけですよ。

細かいことを言うと、バック・トゥ・ザ・フューチャーや近いところではタイムレンジャーの例をあげるまでもなく、歴史が変われば記憶までなくなっちゃうので、時間を移動した人間以外は歴史が変わったことには気がつかないもんなんですが。

ま、そんなことはどうでもいいですね。


サンダーラの一途な想いにいつのまにやら心惹かれていた拓人。結局は振られた形の男二人。並んだ背中が物悲しい。
でも冷静に考えると、やっぱりおかしいよ、このツーショット。


おかしいといえば。
シャーク隊長がとかいうと、なにやらおかしなものがこみ上げてくるんですが。
に、似合わねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SAZER X #25
第四の将軍・サンダーラが登場したことから物語が大きく動き始めたセイザーX。しかし、今回のサブタイトルでは、いきなり「大魔神」が登場というように、相変わらず過去の特撮番組をパロる姿勢は変わりません。ということで、今回のBGMは、当然のことながら「大魔神」のサントラ盤である。(現在は廃盤になっているようですね。先日、伊福部昭氏が亡くなったということで、追悼盤として再リリースしてもらいたいところですが...) もはや、実質的な主役の座に就いているブレちゃん。拓人がサンダーラと一緒に暮らすことを決心した... ...続きを見る
MEICHIKU なんでもぶろぐ
2006/03/26 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜特撮 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる