日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜特撮

<<   作成日時 : 2006/03/29 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

先週分の感想がなかったのはわざとです。
精神的に書く余裕がなかっただけです、ハイ。


「リュウケンドー」
めずらしく天池司令がまともな事を言っている。伊達や酔狂で司令に据えられてるわけじゃなかったんだなー。

記憶も失くせば気絶もするよ、ゲキリュウケン。
サンダーキーによるショック状態というのは、ようするにそういうことじゃないかと。
実は元は人間でした、とか言うんじゃなかろうな。
リュウケンドーが戦えないと言うので、立ち上がるあけぼの町のみなさん。
「アレを出せ」の御前さまの一言で出てきたのが、なんと戦闘機。
すごいな、ここの人たち。

しかしもっとすごいのは、ジャマンガの使い魔たち。戦闘機に対して最も原始的な方法で対抗しております。わあすげえ。

SHOTの人達がパワースポットに敵をおびき出して何がしたかったのかはわかったけど、ジャークムーンは結局なにがしたかったんだ。
よくわからん。


なんかこれを見ていると番組スタッフに舐められてる気がしてしかたがない。役者陣は悪くないんだがな。
正直、いつ視聴をやめようかと考えていたんですが、新キャラで黒田耕平くんが登場するとわかったので、とりあえずそこまでは頑張ろうと思います。
いい子なんだよ、黒田くん。


「ボウケンジャー」
あの程度の挑発にのるとは、まだまだ青いな〜、ブラックは。
すぐに突っ走っていく猪突猛進型かと思っていたのですが、そうでもないようです。
そのあたりチーフは人の扱い方がうまいねえ。
ころころと掌で転がされてる間は、チーフには勝てないよ、真墨くん。
しかし、やたらと「呪い、呪い」と言う所を見ると、トレジャーハンター時代に相当後ろ暗い事をやっているのか。しかも自覚アリ。
それぞれの過去話とかをまたやってくれるとありがたいんだが。

敵さんは当分3組でローテーションなんでしょうか。TV朝日公式には、あと一つしか枠がないんですが。
今のところ、正面切って戦うよりもプレシャスの取り合いに終始してるようですし。
大神官ガジャさまにいたっては、手駒がいないので、敵であるボウケンジャーを勧誘する始末。
しかし男どもだけ勧誘して、女の子達は殺すのか。菜月ちゃんはまだ未知数だけど、さくら姐さんは優秀なんだぞう。

で、敵につかまっちゃった女の子達。さくら姐さんにしてはずいぶんと低レベルな言い争い・・・と思ったら作戦でしたか。しかもすっかり仲良くなっちゃって。
真墨と蒼太もいい感じで相棒っぽかったし。
今回は仲間同士が仲良くなる話、ということで良いのでしょうかね。


そうするとチーフが一人ぼっちになってしまうわけですが。
チーフは「いじられキャラ」なんですか?
いいんですか、本当にそんな立ち位置で。
「不滅の牙」とかご大層なあだ名で、いかにも完璧人間ってわりに、どこか天然っぽさが漂ってるんですが。チーフ。

またか、また今年も赤い人にハマるのか、アタシ・・・!



「仮面ライダーカブト」
ザビーの徳山秀典くんは「ホーリーランド」の井沢マサキだった。
ごめん、顔見てもわかんなかったわ。好きだったくせに。
「knok.out.brother-2005Version-」の海美役(須賀ッチがやってた役)もやってたんですねえ。見たかったな。どんな海美だったのか。あの役は須賀ッチの当て書きだったらしいからね。


夕日をバックにカブトVSザビー戦の続きから始まった今回。
やる気なさそうだな、カブト。加賀美を助けている隙にザビーにやられてしまったよ。
あとでそれを聞いたザビーさんは内心ショックを受けた模様ですが、同じ速度で動いているはずなのに、カブトの動きが見えてなかったんでしょうか。うかつすぎるぞ、ザビー。
そしてザビーさんはベルトを破壊しただけで満足して帰ってしまわれたものと思っていましたが、本気で殺したつもりだったんだな。やっぱりうかつだ、ザビー。

で、カブトの変身が解けたあとでもクナイガンは壁に突き刺さったままだったんですが、あれはその後どうなったんでしょう。とっても気になります。


「加賀美以外に心配してくれる人がいない」と妹に指摘され、ひよりに笑われていた天道くんですが、病院内に着々とファンは増やしている模様。
友達はいないけど、下僕志願は多いってことか?だからあんなに人に命令しなれてるんだ。有定会長・・・!?(@プリ・プリ)
しかし入院するのも退院するのも自分で決めるマイペース天道。しかも勝手に食事まで振舞う始末。天道の病室にちゃんと「特別個室」と張ってあったのが笑いました。やはり天道家はお金持ち。


今回驚いたのは、登場したばっかの2号ライダー矢車が早々にリタイアした事と、カブトセクターに嫌われ、この先変身する事はないだろうと思っていた加賀美がザビーになっちゃった事。

矢車が人間性の薄っぺらさを露呈する事は当初から予想されたことだけど、まさかそのせいでザビーゼクターに見離されるとは。なるほどゼクターが人間を選ぶとはこういうことか。
その次に選ばれたのが暑苦しいほどの正義漢、加賀美というわけで。
こんなに早く念願叶ってよかったな。
でもその天下がいつまで続くかは謎。だって矢車はまだ生きてるしな。このままで終わる男じゃないと思うぞ。
ま、矢車の代わりに影山が来てもいいけどね。第3のデュナミストだし(←番組違い)


カブトにやられてこそこそと逃げていったワームがベリーキューツなんですが。そのあとのしゃかしゃかと道路を走っていくところも。

金のワーム、銀のワーム、銅のワーム。
あなたのワームはどれですか。




天道は加賀美をいぢめてからかう楽しさを覚えたな、と思う今日この頃。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Boukenger task6
毎年のことだが、「カブト」の主題歌CDも発売になったので、「戦隊」と「ライダー」の主題歌CDのプレゼントがあるため、今回は「スーパーヒーロータイム!」というOPは無しで、いきなり始まります。今回のBGMは「水滴」のシチュエーションを考慮して、「ケータイ刑事 銭形泪」の主題歌(第3クール)「泪の海(TVバージョン)」と「ケータイ刑事」のサントラ盤の組み合わせということでスタート。 吊り橋を歩いている若いカップル。ここは縊峪(くびだに)と言うところで「呪いの谷」と言われている所であり、武将の首が祀ら... ...続きを見る
MEICHIKU なんでもぶろぐ
2006/04/01 14:45
Masked Rider KABUTO #9
それにしても、「ライダー」同士の戦いというのは「龍騎」以降、お馴染みのパターンであり、新鮮みもなく、まんねりになりつつありますね。しかも、今回の物語は「555」のカラーが強く反映されている。ということで、何回アクビがでたことやら... ということで、今回のBGMは、仮面ライダーファイズのコンプリートCD-BOX「Final Call」のDISC1としてスタート。 カブトとザビーが戦っている前回のラストから続く。加賀美は「2人が戦う必要なんてない。もうやめてくれ」と叫ぶが、2人には通じない。しかも... ...続きを見る
MEICHIKU なんでもぶろぐ
2006/04/01 14:45
RYUKENDO #12
またもパワーアップとなる物語。今回はサンダーリュウケンドーの登場となった。とにかく本作品は殆ど毎回の様にパワーアップしている。'70'sのヒーロー作品では半年か1年の物語の中で、パワーアップというのは1回から2回というのが普通であり、中にはパワーアップをしない作品もある。玩具を売りたいということは分かるが、「ヒーロー番組は教育番組だ」という宮内洋先生の言葉を考えたら、こうも次々と新アイテムが登場するということは、「使い捨て」「消費は美徳」ということを推進しようというように感じられ、「エコ社会」「... ...続きを見る
MEICHIKU なんでもぶろぐ
2006/04/01 14:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜特撮 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる