日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS ギャルサー 第6話

<<   作成日時 : 2006/05/21 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

白組リーダー、シオリ役の松山まみちゃんが、セイザーXのレミーちゃんだということに、さっき公式の写真を見るまで気がつかなかったことを告白しておきます。
言うまでもなく、まおみさんは形態認識能力が著しく低いので、人の顔を覚えるのは苦手なんですが。
6話まで来ても、エンゼルハートのメンバーで個体識別ができてるのは4〜5人です。
サイテー。


ギャルサーのすごいところは、エンゼルハートの子たち、商店街の人たち、そして時にはジェロニモまでも、それぞれ別の話を展開させておきながら、ちゃんと一つのテーマで動いているところでしょう。
そして、最後にはきちんとばかばかしいオチをつける。


今回も、だいたいの展開は読めていましたが、女の子たちがいなくなったのは、最初商店街の人たちに捕獲されてるのかと思ってました。
街に女の子たちがいない、と言い出したところで、シンノスケが犯人だとはわかりましたが。
あの二組は、関わっているようで、まったく関係のないところで話が展開しているんですね。
その間をシンノスケが行ったり来たりしているので、一見してつながりがあるように見えるんですが。


うまいなあ、と思います。


で、肝心のストーリーの方ですが。
前回あれだけ大騒ぎした合同イベントなのに失敗で終わったようです。
またもやサキのせいで。
これだけやったら、クビになっても仕方のないところ。サキも大概トラブルメーカーですねえ。
「足腰鍛えてねえからだ!」って、ギャルサーって意外と体育会系?
女の子チームなのに歴然とした縦社会だしねえ。

騒動の最後に、一番下っ端のサキと、トップのレミが手を取り合っていたので、おや、と思ってたら、ケガしたシオリの代わりにサキがご指名。
どうなることやら。


自分で騒動を起こし、自分で解決する。
しかも本人に自覚なし。
一番いらないのは、シンノスケじゃないの?って言われても仕方ないでしょう。
一ノ瀬以外、誰からも文句を言われないのは、それがシンノスケの人徳ってやつなんでしょうか。


そして、最後にあやしげな動きをしている人がいましたねえ。
早川晶子さん。
彼女がイモコかどうかはともかく、実は17歳とかいうのは、問題アリアリですよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギャルサー 夜にも奇妙なジェロニモの怖い話(((((゜д゜;))))
ギャルサー ジェロニモの怖い話(((((゜д゜;)))) ...続きを見る
zenの日記
2006/05/21 04:24
ギャルサー 第6話
女の子が大勢集まっていたのが一人ずついなくなって 最終的に「8人の女の子」が残っ ...続きを見る
裏 TV RANKING SHOW
2006/05/24 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギャルサー 第6話 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる