日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS ライオン丸G 第1話

<<   作成日時 : 2006/10/06 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

噂のニューライオン丸が始まってしまったので、恐る恐る見てみました。
結構前から情報は出てたけど、見ないようにしてたんだよね。
それが放送直前になって、主人公はホストで歌舞伎町の中での闘いだ、とか聞いたんで、ちょっと眩暈がしそうになった。
見て大丈夫なのか、ホントに。
しかしその時同時に主演が波岡一喜だということも知ってしまったのだな。
波岡一喜といえば、「パッチギ」のモトキとか「電車男」の大阪弁の兄ちゃん役で見たことある人もいるだろうけど、私にとっては当然ジャスティライザーのデモンナイト・神野であるわけで。
それじゃあ、見ないわけにもいかないよな。

だからホントに恐る恐る、で見てみたわけですが。
OPからいきなり昔のテーマソングが。もちろんイマっぽくアレンジはしてあるんだけど。しかもタイトルバックにホントの昔のライオン丸の映像が流れてるし!
昔のやつはねえ、再放送とかで見てた覚えはあるんだけど、内容に関してはさっぱり覚えていません。「快傑ライオン丸」と「風雲ライオン丸」の2本に分かれてたっていうのも実は最近知ったぐらいで。でも歌とかはやたらと覚えてんの。やっぱ歌の力ってすごいわ。


さて本編。時に今よりちょっとだけ未来の2011年。景気も治安も下落する一方のネオ歌舞伎町で売れないダメホストがひとり。主人公の獅子丸。
借金のカタに最近流行りのホスト狩りを捕まえるための囮役をやれと言われてしぶしぶ引き受ける。危なくなる前に助けてもらえるはずが、片付け役の錠之助は実はドサマギで獅子丸は殺してしまえと言い含められていて。
危うし、主人公!ってとこでレゲエの爺さんがやってきて、渡された赤い剣を抜くと・・・。
てなところですが。

獅子丸が借金してるヤクザのボス役で遠藤憲一さんが出てたり、まだ正体はしれないけど石橋蓮司さんが出てたり。日本を代表する悪役俳優が二人もなんで出てるんだろう。深夜の特撮番組だよ、これ。しかもゲストじゃなくてレギュラーだよ。
仕事選ばないな、この人たち。
雨宮慶太監督もなぜだか企画協力で名前のってるしな。
脚本・演出共に大根仁。最近名前を見た覚えがあるなと思ったら、「アキハバラ@DEEP」(ドラマ版)の監督でした。なんか納得したわ。「傷だらけの天使」のパロとか入ってたのは、きっとこの人の趣味に違いない。


とにかくバカドラマとしては最高です。今シーズン期待の持てそうなバカドラマがなさげなんで余計にです。
「アキハバラ」も相当おもしろいしな。期待しても良いんじゃないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライオン丸G 第1話 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる