日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS がんばれ、水野くん。

<<   作成日時 : 2006/11/23 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「熟年結婚〜妻への詫び状」

わりとおもしろく見れました。

典型的な仕事人間で妻に先立たれた男と、夫に突然離婚を言い渡されそれ以来女で一つで息子を育ててきた女の恋。
団塊の世代とそれを取り巻く状況とかがうまく盛り込んであって、同世代の人たちには、うんうんと頷ける内容で、さらにおもしろく見れたかもしれません。

「チューボーですよ」の堺巨匠が最初は包丁を握る手も危なっかしかったのが、なんか笑えましたが。
ま、余計なことと百も承知で言わせて貰えば、料理を習い始めたばっかりの人がフランス料理の店を出そうだなんて、無謀もいいトコですよ。
あの店、先は見えてるような気がします。


さてこのドラマの一番の視聴の目的。須賀貴匡くんですが。
主人公の部下、と言うのはちらっと聞いてたんですけど、酒造メーカーの社員さんですってよ。
酒好きの須賀ッチには、ある意味たまらん仕事ですね(笑)
口うるさくて頭の固い上司に辟易してるイマドキの若者、水野雅之くん。
テレビ雑誌には結構上の方に名前があったので、ちょっと期待してたんですが、出番は最初の方だけでした。
主人公の立場、というか周囲への受け止められ方を強調する重要な役どころではあるんですけど。
登場の仕方が、会議上で商品の説明をする声から入ったんで、おお、とか思っちゃいましたよ。
普通の会社員役って、そういえばほとんどやってない。
そのあとすぐ堺さんに怒られてたけどね。

さらに同僚の結婚式に出席し、そのまま飲みに行ったはいいけど、定年退職した上司に噛み付くという役。
堺さんに言いくるめられる形になって、なんだか拗ねた表情がかわいかった。

えーとそれはいいんですけどね、このときのお衣装が「なんだ、その張り切りようは!」ってカンジのお衣装だったんですが、どうでしょう(←聞くな)


ま、出番は少ないけど、けっこうおいしい役だったんで、良かったんじゃないでしょうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がんばれ、水野くん。 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる