アクセスカウンタ

<<  2007年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


探偵学園Q 4

2007/07/25 01:20
おおう、かすみちゃんがおっきくなってる!かわいくなってる!
こないだも「生徒諸君!」にでてたけどさ〜。


今回の生徒さんたちは、なんだか癖のありそうな子たちばっかりで、犯人がわかんないわ〜。
しかもオドロキの次回へ続く!1話完結でやってくもんだとばっかり。
転校生がいきなり3人も入ってきて不振がられないのか、とか、全寮制で女子寮と男子寮でそんなに自由に出入り出来んのかとか、多少は突っ込みたいところもありますが。

今回はミステリーマニアと言い張ってほかの生徒を巻き込んだり、あくまでお互い他人のふりをしてみたり、いろいろ考えて行動してますね〜。
まあ、他人のフリはサクサクばれちゃってるみたいだけどさ。

刑事さんたちもいつの間にやら協力的だし。


団先生と冥王星にもなんだか、根深い因縁がありそうだし、キュウの「オジサン」も気になるし。(でもこれって団先生か、先生の死んだ相棒のどっちかだよな)
個々に起こる事件そのものよりもバックグラウンドの方が興味を惹かれるのは、まあいつものことですよ。

ところでカズマが今回置いてきぼりなのは、どうがんばっても高校生には見えないからなのか、それとも前回メインでがんばっちゃったせいなのか。


・・・もしくは大人の事情?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花ざかりの君たちへ 4

2007/07/25 00:14
先週、嘘発見器を作った割にはその後目立った活躍のなかった野江くんですが、今週はガンダムコスでがんばってました。
やったな、五十嵐!


しかしオタクといえば「ガンダム」って、なんかすっかり記号化されててあまり笑えないわ。
いくらオタクだからって、今の子たちが「ファーストガンダム」を見てるとは思えない。
どうせ「ガンダム」なら「SEED」コスとかさ。

北村一輝のシャアコスは値打ちあったけどな!(←それ、よその番組ですから)

てか、せっかく五十嵐くんがコスプレやるんなら、もっとやるべきものがあるだろう!
いっそ旬つながりで「ハガレン」でもいい。
それなら萌える。
うん。


遊び心が足りないわ〜、ここのスタッフ。



オタク話はこれぐらいにしておいて。
前回は寮生たちのドタバタと主人公二人の話があまりリンクしてなくて、なんだかなあと思ってたんですが。
今回はまあまあだったんじゃないの?
佐野も、瑞稀の兄ちゃんに頭下げた割には進展がないなと思ってたら、今回になってちゃっかり意識してるし。
ハイジャンのこともそうだけど、実は瑞稀は女の子だってこともね。


逆に瑞稀の方は、あっさり佐野に彼女をあてがおうとしてしまうあたり、そういう意味では意識してないのか。


・・・にぶい。


まあ、そのあたりが瑞稀と言ってしまえば、それまでなんだが。



しかし、あれやこれやとエピソードを詰めこうもうとして、いまいちギャグが中途半端な気が。
このまま行くと空中分解する恐れがなきにしもあらず。
まあ、作ってる側も夏祭りだと言ってることだし、なまぬるーく見守りたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


探偵学園Q 2

2007/07/13 11:13
ああああぶねーーー!!
危うく奏多が死んじゃうとこだったじゃんよ!
七海センセー、助けてくれてありがとう。


今回のゲストキャラは本郷奏多くんでございます。
ラッキー!
Qクラスのカワイコちゃんたちが並ぶのもいいですが、奏多と神木くんの2ショットも大変眼福でございました。
ラストの「一緒にキャッチボール」とか言ってるあたり。チョーかわいくない?
うあー、キュウと牧野くんのキャッチボール!見てえ!


でも前回の犯人は口封じに殺されちゃって、今回の犯人は七海先生に邪魔されて生き残って。
来週からはどうするつもりなのか。
あれ、そういえば今回ってケルベロスが牧野くんに接触するシーンてあったっけ?
でも必ず裏で糸を引いてるのはヤツラなのよね?


うーん、いろいろ引っ張るのかと思ってたけど、意外と早く核心に迫りそうでない?
リュウ自身が冥王星と深く関わってるようだし。それについて、本人に自覚ありだとまでは思わなかったんだけど。


そういや七海先生てば、今週も女装するのかと思ってたら、サボテンだったわ。
なんだつまんなーい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花ざかりの君たちへ 2

2007/07/13 10:35
遅れるにもほどがある?
遅くなりましたが、感想。

ツネヒゴロかわいい男の子のことをうだうだと書き散らしておりますが、今回はなんと言っても梅田センセーの登場シーンが一番ときめきます。
そんな私は元を正せば、オヤジ好き。
男は30からだと信じてますから。

でもまひるちゃんとどういう関係なんだろうね。梅田センセー。
友達以上恋人未満・・・ではなく、悪友以上天敵未満な関係がツボ。梅田センセーのお姉さんのキャラを借りてきてるのかな。
しかしまひるちゃんも、明らかに学校関係者ではないのに、そんなどうどうと校内に侵入していて誰からも何にも言われないのか。


もっくんもいいねえ。
中津のことをいつもそっと背後から見守っている萱島はかなりイイ感じです。
ある意味アブナイけどな?


今回の目玉は瑞希と佐野のキスシーンだったはずなんだけど、もひとつ衝撃度が足りなかった。
奈良漬で酔っ払うのは確か原作通りのはずなんだけど、実際にやってみると思った以上にヤラセっぽい設定だなあ。
しかもなんですか、佐野。まったく覚えてないんですか。
そりゃ瑞希も泣くさ。
てか、寮生全員が被害にあっているのに、相変わらず佐野が奈良漬を食べちゃうのは本人が覚えてないからだと?
だれか教えてやれよ。


中津が瑞希に落ちる瞬間ももひとつ衝撃度が足んなかったんだよね。
なんでそうなるの?って感じで。
その後の中津の動揺がいきなりMAXなんで、余計に違和感が。


今回の演出ってなんかチャチくない?
出演陣が若手が多いにもかかわらず、芝居のできるメンバーが揃ってるのが幸いかな。
1回目の突き抜け感カムバック。
いっちゃってるのはオスカーだけか!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


酒呑みの幸せ

2007/07/11 22:43
オジサンがこないだから疲れて呑みたそうにしてたので、仕事上がりに急遽行ってきました、a(アルファ)sakeBar。
伏見の酒造会社19社とアルファステーションが協賛で新風館で出してる日本酒バー。
日本酒が1ショット300円から呑めて、食事は新風館に入ってる店からよりすぐりのメニューが入ってるという期間限定の店!
おいしいご飯とおいしいお酒というステキ場所!

ただいま適度に酔っ払っております。


おいしいお酒が呑めて、おいしいご飯が食べられるって幸せな事だよ。
という私は日本酒党。

そんなわけで昨日のテレビ感想と日曜の舞台感想はまた明日!


明日は仕事ヒマだといいなあ。
でも忙しいんだろうなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


またハートに火をつけろ! in京都

2007/07/08 00:50
昨日はL’arc-en-Cielのライブでした。
はああ、ホントに火をつけられちゃったよ!
てか、大事件発生だよ!


なんつっても席が最前列。しかもkenちゃんの真正面!そりゃもう行く前からテンション上がりっぱなしなんだけどね!


夕方6時半の開演とともに、紗幕にアメリカンコメディかミュージカルのオープニングかよ!と突っ込みたくなるようなアニメーションが映し出されて開幕。それが終わると紗幕が落ちてメンバー登場。
初っ端からがっつんがっつん踊り倒しました。
2曲目あたりですでに汗だく。
あ、セットリストは覚えられない人なんで勘弁!
舞台装置はどっかのお屋敷のホールってかんじで、巨大なシャンデリアが2基。両端には4,5段の階段がしつらえてあって、途中まで気がつかなかったんだけど、ドラムセットの後ろの1段高いところに花道が作ってあって、そこへ上っていけるようになってた。絨毯も赤と黒の市松模様で足元のモニターにまで全部張ってあったし。
そしてドラムセットの前、ボーカルマイクの後ろには、ツアーロゴ仕様のソファ。
このソファがね〜、途中休憩時に座るだけじゃなく、歌いながらhydeさんが寝そべってお色気ポーズとってくれちゃったりしたのよ!もう鼻血モンだから!


さて最初に3曲ほどやったところでhydeさんの最初のMC。
「京都弁で喋る女の子って1割り増しでかわいく見える」って、それ去年ソロツアーで京都に来たときのMCとおんなじネタですから!
でも「だから京都弁で喋ってな〜」とか言われても、客席からのツッコミを京都弁でやるのはめっちゃムズカシイんよ〜。
和歌山のライブの後、京都までにちょっとお休みがあったので、京都を満喫できたらしいです。どこへ行ったのかは教えてくれなかったけど。観光地らしいところへは行ってないって言うんで、去年の発言を踏まえて「舞妓さんかー!」ってツッコンどいたけど、スルーされちゃったわ。
「京都好きやし、いつか京都に住みたい」って、それはリップサービスでも言ってもらえてうれしいよ!来るときは連絡くれるそうですから(笑)


で、その後は立て続けにまだ発売されてない新曲!
1曲目は「精霊の守り人」のOP「SHINE」だったんで知ってたけど。
てか、今回新曲をすっごいたくさんやってくれたよ。そりゃこれじゃあツアー特設サイトでもセットリスト発表できないよなー。
まあ、曲知らなくても盛り上がれる自信はありますから、ワタクシ!


途中休憩は、ツアーグッズの「マジックビーン」を使った面白映像。
白熊と女の子のやり取りが大変おもしろうございました。
でも、かっちゃんにきいたら、和歌山で使ってたやつとは違う映像だったらしい。

で、たしかその後の曲だったと思うんだけど、バックに流れてる白熊の映像に花道にあがっていったkenちゃんがギター弾きながらケリ入れたりして絡んでました。
戻ろうと歩いてくるkenちゃんの後ろを、まるで付いてくるように白熊が歩いてたのは、たぶん計算じゃなかったんだろうな。
ほかにも、hydeさんがtetsuちゃんのスカートを後ろからめくった挙句に、またの下をくぐり向けてみたり、その仕返しのつもりか今度はtetsuちゃんがhydeさんのまたに足突っ込んでみたり。
まあ、いろいろやってくれますよ。
楽しいけど。いや楽しすぎるから!


kenちゃんのMCでは、なんでも和歌山のあとカラオケに行ったらしいですよ。
私は知らなかったけど、「L'arc-en-Cielに挑戦!」とかいうのがあるんだってね。で、それにチャレンジしてみたわけだ。
yukihiro賞もhyde賞も難しくて、オレ賞(笑)もやっぱりダメで、tetsu賞ならと思ったけどやっぱりダメだったそうです。
仕方がないので、今度は「全国1位」にチャレンジしてみたけど、ラルクの曲はやっぱり難しいようで、他人のやらなそうな曲ばっかり20曲ぐらい1位とってきたらしいですよ。
何の曲で取ってきたんだ。探したら、全国1位に「ken」とか入ってんのかなー。
見てみたいなー。
で、「歌はアカンから、踊りをがんばってみた」とかで、「SEVENTH HEAVEN」の振り付けを覚えてみたそうな。
「今日やったんやけど、気がつかへんかったやろ」
ええ、気がつきませんでしたとも!
知らないよ、そんなの。見てたはずなのに!
「フリがんばってたら、ギター弾くの忘れた」
って、そんなアナタが大好きです。


アンコールのP'UNK-EN-CIELでは、今度はhydeさんがわたしたちの正面の立ち位置になるわけですが。
なんだかとっても疲れた顔で、座り込んじゃってるからさ〜。
とりあえず、「がんばって〜」と小さく応援しておきました。
なんか言ってるのはわかったかも知れないけど、ぜったい聞こえないだろう程度の声の大きさで。
隣のかっちゃんはいっしょになって扇子で風を送ってみたりしてたけど、それもぜったい届かないからさ。



そんな風に盛り上がってたわけですが。
最前列の特権!とばかりにhydeちゃんにばっちりお触りもしてきましたよ。
だいたいがね。どんだけ手を伸ばしてみても、hydeさんてばいつも届きそうで届かないあたりの位置でしれっと歌ってるんだけどもさ。
これがライブハウスだと結構乗り出してきたり、客席にダイブしてみたりすることもあるんだけど、ホールだとなかなかね〜。
でも。
途中で、ちょうど隣の子の正面に座り込んで歌いだしたときに、「あ、届く!」と思って。
さすがに怒るかなとも思ったんだけどさ。マイク持ってる手だったし。
でも、ここでいっとかなきゃどうするよ!と思って両手でひじのあたりにすがり付いてみました。
怒られなかったよ。平然と歌ってたよ。
よかった〜。
結構ドキドキだったのよ〜。
hydeさんとは反対側にいたかっちゃんにはメイワクかけたみたいだけどさ。わはは、ごめんよ。君は触れなかったよね。



でね、大事件とは実はそのことではないのですよ。
最初に言い訳しとくと、男の人のきれいな手って結構好きなんです。フェチとまではいかないけど、つい見惚れちゃうのさ。とくにギタリストの手なんて、そりゃもうステキなわけさ。
だから、kenちゃんが前に出てきたときもついついじーーーーっと、ギター弾いてる右手ばっかり見ちゃってたのよ。

で、ふと視線を感じて顔をあげたらば、kenちゃんに見下ろされてた。ホントなら最前列って足元だから、ほとんど見てくれることないんだけど。
え?と思ったら、何だか嬉しそうにkenちゃんが口をパクパクパク。
はい?
今、なんて言いました?
頭の中でリプレイ。

『コ カ ン ミ テ ン ノ ?』

え?えええ!?
幻聴?気のせい?

次の瞬間、kenちゃんがギターをバン!・・・・・・と退けて股間を見せてくれました。

ななな何をやらかしてくれるんだ、この男!!!
もう喜ぶとかそれどころじゃなくて、パニックだよ!頭の中真っ白だよ!

「いや、違う!あたしが見てたのは手ェやから!手!」

て、叫んだときにはもう、彼はセンターに向かって歩き去っておりましたとさ。


ねえ、これって喜ぶべきトコなの?悲しむべきトコなの?
ぜったいイタイ子だと思われてるよ!
ホントにあたしが見てたのは手なんだよ!
ギターで隠れてるとこなんて見てるわけないやん!
言い訳聞いて欲しかった・・・。



でもねえ、ここのブログを本人が見ることはぜったいないだろうけど、一応言っとくよ!
胸元チラ見えの肩丸出しのタンクトップをセレクトして着ていったのは、ほかでもないアナタのためなんだからね!
2時間半のライブのうち、1時間半は確実にアナタしか見てなかったからね!



て、言い訳でもなんでもない、ただの自己満足だが。(号泣)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


探偵学園Q 1

2007/07/04 01:32
スペシャルドラマからついに来ました、連ドラ。
神木くんがおっきくなってるよ!
志田未来ちゃんも山田涼介くんもあいかわらずおっそろしくカワイイよ!


そんなカワイイ子たちの中で、大人一人の要潤に、現場で一人だけ話が合わなくて浮いてるんじゃないかといらぬ同情を覚えてしまうこのドラマ。

ホントどーでもいいけど。


初回ゲストのはずの加藤夏希ちゃんは出てきたとたんに死んでました!
ショック!

しかし1話完結の推理ドラマかと思いきや、リュウのバックグラウンドとか冥王星だとか、シリーズ通じての謎もあるみたいで、楽しみだなあ。
てか、そのあたりをきちんと今回のシリーズ内で解き明かしてくれのかどうかが問題だな。
だってこれ、始まったばかりでなんだけど、ぜったい2とか3とかやるタイプだよ?



山本太郎の女子高生にも驚かされました。
七海先生はちゃんと生徒たちを見守って、ついでにヒントなんかを出してくれるのね。

タローちゃんはもしかして、今シーズンずっと女装なんでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜 1

2007/07/04 01:00
  この作品はフィクションですので多少のことは大目にみてください


のっけから来たよ、バカドラマ〜〜!!(←注・褒めてます)
やー、やっぱりドラマはこうでないとね。
原作の方は雑誌で時々読んでたから、知らなくはないんだけど、タイトルに「イケメンパラダイス」とかつけちゃうTV的センスに、実はかなり引いてました。
ヒロ(水嶋ヒロ)が出るのも、もっくん(山本裕典)が出るのも、チーフ(高橋光臣)が出るのも知ってたけどさ。てか、メインがすん(小栗旬)とトウマ(生田斗真)なんだけどさ。
やっぱり見るのは怖かったさ。
でもこのOP見て、かなり期待が持ててきたぞ。

原作を知ってるとこのキャスティングはビミョ〜なんだけどさ。そこはそれ、ドラマですから、多少キャラクターも変わってくるだろうし、違っててもかまわないんだけども。
一番「それってどうよ」って思ってたのは、実は梅田北斗役・上川隆也なのでした。
だって、梅田センセってば、どえすのガチ○モじゃん!
できんの?てかやるの!?て感じだったんだけども、さすが上川センセー。なんだかアブナゲでアヤシゲな雰囲気に作ってきてて、ステキでした。あの性癖がドラマ内で展開されるのかどうかは、どうでも良くなってきたわ。

次点で木村了くん。
あの中央くんは生々しすぎて、やっぱりどうかと思います(涙)


実は石垣佑磨とか姜暢雄とか出てるのは知らんかったのよね。
ユーマ、久々に強面役だあ。最近優しげな役多かったのに。

そして、姜くんときたら。

いや姜くんはいいんだけど、麗しの姫島先輩があんなチープなナルシストに・・・。


で、EDで五十嵐隼士の名前を発見。
ど、どこに出てたんだよ。わかんなかったよ。
ポスターも3回ぐらい見直して、ようやく発見したよ。ちくしょう。
でも、野江くん役ならちょっとは出番あるよね。期待してるからね。



さて初回ということで、てか「イケメンパラダイス」なんつータイトルをつけてるせいか、サービスショット満載のハダカ祭り状態の第一話。

でもここで注目すべきは、やつらのセミヌードでも真希ちゃんのシャワーシーンでもなく。
ハイジャンやってるときのすんの腕とか足とかの筋肉だったり。(←マニアック)
やっぱ男は上腕二頭筋でしょ!いやこの場合は三頭筋なんだけども。



まあそんなわけで、この夏は挫折することなく、楽しくドラマを見れそうです。
(なんて頭のイタイ感想・・・)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2007年7月のブログ記事  >> 

トップへ

日々こもごも 2007年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる