日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚BOYS in兵庫

<<   作成日時 : 2007/08/05 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地方公演も全部終わってるってのに、あまりにも放置しすぎなんでいい加減に感想を書けって話で。
これでホントに須賀FANだなんて大声で言っていいのか、私。

しかしまあ、以前からの須賀さんFANなら同意してくださるかと思うんですが。
最初に「宝塚」ってタイトルを見たときには、アノ人が歌ったり踊ったりするんですか?なんぞとおおいに不安に陥ったものですよ。

須賀さん演じる竹田くんは一人だけあとから入部してくる後輩役ってことで、劇中はたしかにほとんど歌い踊るシーンはなかったんだけど、最後の夢のレビューシーン!

ホントに歌ってるよ!踊ってるよ!
マトモだよ!!(←すっげえ失礼)


いやまあ、そんなんことはなくても、レビューのシーンはマジで感動しました。
あのシーンはいろいろ賛否両論あるみたいですが、なきゃダメでしょう、やっぱ。
そんでもって、席が2階席で遠かったもんで、普通にみてると顔まではっきり見えない中、レビューでみんな同じ格好をされるとホントにどれが誰だかわからなくなるのに、須賀っちだけは間違わずに見つけてしまえる自分に「愛」を確信しました。

ビバ、自分!


昔、テレビでヅカを見ていたころは、レビューってつまんねえと思ってたんだけども、実際に宝塚大劇場で初めて本物のレビューを見た時は、こんなに面白いものだったのかと思い直した記憶があります。
実際に羽根を背負ってあの大階段を下りてくることが、どれほどの憧れなのか、わからなくもない。
嘘でも夢でもいいからみんなの願いを叶えてあげてほしい、と観客に思わせたところであのシーンが来るから、価値があるのだと思います。

実のところ、私はあの大階段(実際は小階段程度の大きさだけども)が出てきたときには、思わず「やった!」と叫びそうになったよ。
思いのほか、ダンスシーンは長かったし。

切ないまんまで終わるところを、あのシーンのおかげで救われたよな。
見てるこちらの気持ちが。



さて、レビューの話ばっかしてますが、実際に見終わっての感想といえば、あれって脚本だけ読んでたら、さぞかし寂しい話だったろうな、ということ。
見てるときは爆笑の連続だったんだけどな。
だって、キャラクターが立ちすぎちゃって、もう誰かが出てくるだけでおかしいんだもん。

演出ってすごいな。

ただ宝塚の舞台に立ちたいと、非難や中傷にもめげず来る日も来る日も練習に明け暮れて、挙句の果てに夢破れて、残されたものは無駄にした青春か。
そんな切ないだけの話を、あんな面白おかしくしちゃうのか。
おかしいからこそ哀しいんだけど。

しかし見終わった後はすっきりさわやかでした。
ええもん見せてもろた、ってかんじ。



後はねえ、花緑さんがあんなに器用な人だとは知りませんでした。ピアノは弾くわ、歌もダンスも最初からそこそこ出来るレベルの役だったし。
アナタホントに落語家ですか。

それと吉野くんが思いのほか、変な人だった。二枚目の役なのに、出てくるたびに客席から失笑が漏れてるし。
それを、一緒に行ったMいちゃんに言ったら、吉野くんは元からそういう立ち位置の人だと言われてしまいました。うーん。



そして最後に。

須賀っちは今回も無駄に王子だった。

万歳。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝塚BOYS in兵庫 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる