アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日々こもごも
ブログ紹介
当初の思惑から大きく外れて、ほぼテレビドラマ感想のみで成り立ってます。
俳優・須賀貴匡とL'Arc-en-Cielへの愛を頼りに、日々生息中。                   
                       まおみ
zoom RSS

ガリレオ 1

2007/10/15 22:59
なんかフツーに面白かったわあ。
ストーリーの展開にワクワクしながらも、安定した演技に安心して見られる。

脇はクセのある巧い役者さんが揃ってるし。
北村さんとか真矢さんとかいっけいさんとか、スゲー好き。
主役二人は、ギャー好きー!と叫ぶほどではないけど、やっぱり巧いな。
内海のキャラも熱血の割にカタヒジはってなくて、女の武器を使うことに躊躇いがない。
どっか無邪気で強かなところがなんか可愛いです。
ちょっとツボ。

湯川先生は言うまでもないよな。
あのキャラクターに女心を刺激されない人がいるのか。

女子学生に人気があるのもよくわかる。
てか、湯川先生の授業風景を見てて、アレここ女子大だっけ?とか普通に疑問を持ってしまいました。
違うつーの。

しかし研究室には男子学生いるのに、授業にはまったくいないってな。
どうやって研究室に入ってきたんだろう、あの子たち。


今週は録画せずにリアルタイムで見てたので、EDをじっくり見られなかったんだけど、学生の中に、気になる名前があったような。
山崎真実ちゃん、出てたよね?
それに研究室の坊主の子は、どこで見たんだろうとずっと考えてたら、やっと思い出した。「セーラー服と機関銃」に出てた子じゃん。



さてここで、ガリレオっぽく検証テーマ。

小説が映像化される時に、往々にして主人公もしくはその相棒の性別が変わることがある。今回も確か、相棒役は小説では草薙なんだよね?
それは果たして小説とドラマというメディアの差によるものなのか、はたまた恋愛要素をいれなければ数字が取れないという大人の事情によるものなのか。(簡単に言ってしまえば月9だから?)

私は根っから活字マニアだし、恋愛要素のない硬派な推理ドラマでもぜんぜん構わないんだけど。


この謎の答えが立証されることは、きっとない。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


がんばれ AEC!

2007/10/15 17:15
ある日の上司と部下の会話


M 「Aさーん。T社のオザキさんからまだメール来ないんですけど」

A 「電話してみて〜」

M 「はーい」

A 「オザキ〜オザキ〜オザキ〜ユタカ〜♪」

M 「・・・・」

A 「オザキ〜オザキ〜また会う日ま〜で〜♪」

M 「・・・Aさん、それオザキキヨヒコ」

A 「ん?」

M 「だからその歌、オザキユタカじゃなくてオザキキヨヒコ」

A 「うっさいな、ちょっとオザキユタカの歌が出てきいひんかったんや!」

M 「つーか、おっさんオザキの世代とちゃうやろ」


そうやって上司を嘲笑った部下は、数日後「高橋真理子」と言われて歌詞が出てこないのであった。


「がんばれAEC!」は90%実話です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モップガール 1

2007/10/13 01:38
セーラーマーズ・北川景子ちゃん主演ドラマ!
一生懸命なドジっ娘役です。

葬儀社の、しかも遺体を洗うのが仕事の主役がいろいろ事件に巻き込まれてくというので、なんとなく幽霊を見ちゃったりとかそんな話なのかと思ってたら、だいぶ違いました。
なんと主人公、時間を戻ります。
まるまる一日巻き戻して、過去を変えてしまう。

微妙な感じの変わり具合が、なんかイイカンジです。
1話目から桃子の過去とかが見えてるのもね。
2度目の一日の時に、自転車を交わしてガッツポーズを取る桃子がえらく可愛いかった。

相手役の谷原章介も、今さら深夜ドラマ?とか思わないでもなかったんだけど、なんかこんな骨っぽい男の役も久々でないかい?

とりあえず期待。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


歌姫 1

2007/10/13 00:36
よっちゃんのヒゲがなくなってる…!!

世の中、ヒゲ好きの女性は少ないでしょうが。かくいう私も特にヒゲマニアというわけではないんですが。

でも岡田義徳のヒゲ面はか〜な〜り好きだったんだよ。シクシク。

のっけからゲストの話(しかも友情出演)でごめんなさい。ちょっとショックだったもので。


長瀬くんのドラマは結構好きで見てます。
おバカな役からワイルドな役まできっちり見せてくれるから安心感がある。
それに今回は斉藤由貴とか佐藤隆太とかロバート秋山とか、本人のイメージからだいぶん離れた役をやってる人たちが多いので、かなり楽しみ。
特に鯖子さんはマジ驚いたわ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


ULTRASEVEN X 1

2007/10/09 22:07
えと、新番組…ですか?
最近情報取得に熱心じゃないから、よくわかんないや。

とにかくウルトラセブンらしいっす。


時代は未来。記憶喪失の男が謎の女に言われるまま、世界を守って戦っちゃう。

地球の話であるかどうかすら、謎だね。
てか、実は地球ではない別の星の話ですとか言ってくれた方がロマンだね。

しかし円谷っぽくないストーリーと映像とアクション。
人間のアクションはすごくスピード感があってスタイリッシュだったけど、メインのはずのセブンと宇宙怪獣の戦いは一撃必殺。てか瞬殺。
いいのか?


でも一番の問題は。

セブン可愛くないよ!
なんか馬面だよ!

セブンに変身するジン役の子は、まあかっこいいんだけど。
でもなんか、誰かと誰かと誰かを足して3で割ったような顔たな。
なんか誰かを思い出すつーか。


とりあえず謎がてんこ盛りみたいなんで、引き続き来週も見てみたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キューティハニー THE LIVE 1

2007/10/09 21:24
久しぶりに新!特撮番組。
しかもキューティハニー!
しかも監督・横山誠!
アクションもトーゼン横山誠!
だけど脚本は井上敏樹!


いやいやだからどーちゅーことはない。
どっちかてーと、今回は井上さんと村上幸平がタッグを組むことを期待するべきだな。
もーしょっぱなからぶっとばしてるしさ〜。
いやステキすぎます、村上ジュクチョー。


ハニー役の子はたぶんグラビアの子かなんかじゃないかと思うんだけど、あまり吹き替えも使わずにアクションがんばってるし。てか、さすが横山監督。女の子でも容赦ねえな(笑)
早見青児役の山本匠馬くんは、逆にせっかくGAROで鍛えたアクションをあまり披露することはなさそうだし。



もともとお色気たっぷりのキューティハニーが深夜帯で実写ドラマ化。
サービス過剰気味で、いやタマランですよ。(←どこのエロオヤジだよ)


で、どこまでもノーテンキで何も考えてなさそうなハニーが、調子よく戦ってたのに、中ボス・村上に追い込まれて、あわやのところで、待て次週。
ちょっと待て。みんな知ってるとはいえ、まだキャラ紹介すらしてないじゃないよ。来週まで生殺しかよ、オイ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


魔法先生 ネギま!

2007/10/09 20:08
実写版です、ネギま。
原作はマンガ?ライトノベル?
実は知りません。確かアニメはやってたような。


しかし、総監督 金田龍。シリーズ構成・脚本 荒川稔久。

キ タ イ シ テ モ イ イ デ ス カ ?


視聴中。





視聴中。






視聴中。






うがあ!
女の子たちがヘタ過ぎて面白いんだか面白くないんだかわからん!

んが。

映像はさすがに美しい。
これは一見の価値ありなのか?
ヒロインの憧れの先生がヒロシってのもどうだかなあ、だけど。


来週から見るべきか見ざるべきか。

どっちだ、アタシ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


東京行ってきたよ。

2007/09/26 15:28
9月16・17日に久しぶりに東京行ってきました。泊まりで。
なんのためって、そりゃ須賀ッチのためさ〜。舞台だからさ〜。


ちょうど連休だし、ほかの須賀友さんたちが同じ日にチケットを取ってたのもあって、そちらも久しぶりの再会。
ホントは15日から須賀ッチ主演の「天国からのラブレター」が公開になってたんで、16日に見に行こうと思ってたんだけど、重寿司(←須賀さんの実家です)に行こうという話になったので急遽スケジュールをそちらに振り替え。
なんつっても映画はレイトショーだけだしさ。席数40のちっちゃいトコだっつーから、昼過ぎに行って映画館の前で待ってりゃいいか〜とか、考えてたわけで。新幹線のチケットもそのつもりで取ってたのだな。
でも待ち合わせが夕方になったので、そんなに早く家を出る必要がないってんで、いきなり予定の2時間遅れで出発。
それもこれも指定時間に乗り遅れたら、そのあとのひかりの自由席ならどれに乗ってもいいっつー東海ツアーズの便利なチケットのおかげ。



てなわけで3時頃に東京着いて、大井町のホテルにチェックインして、夕方5時には新小岩でみんなと合流、重寿司へ。
メンツはCカちゃんとYキちゃんとMメちゃんと私。それにあとからMユちゃんが合流。

さて重寿司では相変わらず共演者を実家に連れていってるらしく、「宝塚BOYS」と「暗くなるまで待って」のポスターにサイン。
つってもきちんと全部は見なかったんで誰のサインが入ってたのか確認してないんだけどね。
お店にはおかーさんがいらっしゃってて、ご挨拶。ついでにちょっとお話しも。
当たり前なんだけど、「貴匡が…」っておっしゃるのが、聞いててなんだかくすぐったい。
こちとらただの一ファンだからねえ。


で、ちらし寿司とビールを頂く。
がっつり呑む宣言をしていたCカちゃんは「ご飯少なめで〜」
最もそう言いつつもギリギリまで「今から行けばまだ映画に間に合う!」と未練たらたらだったけどね。
あはは。
画像


比べたことはないけど、たぶんやっぱり私が一番呑むんだろうなあ。
生ビール2杯に冷酒。
さらにそろそろ引き上げようかって頃になって、Cカちゃんたちが以前奢ってもらってしかも迷惑をかけた(笑)っつーオジサンが現れて、さらにビールを一杯奢ってもらっちゃいました。
それからさらにどっか呑みに行こうと誘われたけど、さすがにそれは丁重にお断りして、その日は引き上げ。
後からきたお客さんとかはすでに帰ってたんで、なんだか予想外に長居しちゃったかも。

そのあとは偶然方向が同じだったMメちゃんと一緒に帰って、ほろ酔い加減で気持ちよ〜く眠れましたとさ。
そして二日酔いこそないものの、次の日起きたら、顔がパンパンに膨れ上がっておりましたとさ。

呑みすぎの敵は二日酔いだけじゃねえ・・・。

そして翌日は千住で待ち合わせて、まずはいきなりラーメンへ。
11時だったんで、お昼前っちゃお昼前なんだけどね。
ってか、私が朝ごはん食べてないって言ったせいなんだけどさ。
で、ラーメン屋は、劇場と同じビルに入ってて、須賀さんが行きたいと言ってたらしい、「青葉」でございます。
画像


そしてラーメンのあとにケーキを食べに行ったりする私たちは、きっと「ダイエット」という言葉には無縁です。
画像



2時からの舞台で須賀さんをタンノー。
ちょうどおかーさまもいらしてて、しかも席が近くだったので、またもやご挨拶させていただきました。


久しぶりの東京、久しぶりのお友達。
でも別れの挨拶は、「また来月!」
2ヶ月連続の東京行きだよ。
ほんと財布もたない・・・。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


花ざかりの君たちへ 10

2007/09/07 14:17
なんなんでしょう。
瑞稀と佐野ときたら、周囲も思わず引くぐらい、ラブオーラ全開。
この二人、まだなんにもないはずなんだけど。
てゆーか、あったのはむしろ中津の方なんだけど。

んが!


佐野父が出てきて、ようやく浮上した佐野がまたもや沈没だよ。
これまでの瑞稀の苦労っていったい。


まあなんだよね、佐野って余裕ないよね。中津の方がよっぽど余裕あるよね。ついでに妄想癖もあるけどね。

でもその余裕のない佐野を見てるのがおもしろいんだけどね。


個人的には佐野のような女心のわからないバカよりは、一生懸命な中津を応援してあげたいところなんだけど。

瑞稀が好きなのは佐野なんだからしょうがないよね。



さてさらにチョー個人的な事を言えば。
梅田センセーは今週もステキでした。
中津に対してのナイスフォロー。
なんだかんだ言って生徒思いのいい先生なんだよなあ。
なあんで瑞稀に肩入れする気になったのか、本当のところはよくわかんないけど。

後は。

怒りの野江くんが見られたのがちょっと嬉しい。
女装するなら北花田の方だと思ってたのに、大国町だった。怖い。
そこまでやったのに、第1寮の反乱は失敗らしい。
ヒロはだんだんと良くなっていくのに、難波先輩はだんだんと不幸になっていくのはなぜだ。

などなど。



はてさて、先週瑞稀が女だと知った中津は、失恋の予感からか今週ついに告白。
どーすんだ、瑞稀。つかどーすんだ、佐野!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


にじ

2007/09/07 12:43
画像
昨日の帰り道。
自転車を走らせていたら、道端に立ち止まり空に向かって携帯を掲げる人を見かけた。
不審に思いつつも通り過ぎ、ふとその方向を見上げれば。

夕空に紅く染まる雲を背景に立ち上る虹。

そりゃ思わず写真も撮ろうというものだ。
とりあえず私も携帯を取り出して写真を取ってみた。
それから少し移動して、もう一度見上げれば、消えかけの虹が南の空から北の空まで見事な半円を描く。


虹を見たのは久しぶりだ。
もしかしたら小学校以来かもしれない。
ましてや空から空を渡る半円の虹なんて初めてかもしれない。

もう少し早く気づいていれば、消えかけなんかじゃなくて、もっとくっきりと美しい虹が見れたかもしれないなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


探偵学園Q 10

2007/09/05 00:47
先週すっかりかわいくなったと思ったら、今週はまた元に戻ってるよ、リュウ〜。
しかも、何ですか。
お父さんの復讐に連続殺人!?

キングハデスの策略だというのは一目瞭然ですが。

それに、催眠で操られてってよりは、冥王星の凶行を止めるために動いてるんじゃないかという線が強い。
しかしそれならそれで、なんで一人で動いちゃうんだよぅ。
仲間に頼るってことを覚えたんじゃないの、リュウ?
はふー。


ところで、団先生とキングハデスは旧友らしいです。
同い年ってことだよね?
リュウぐらいの孫がいる年齢って、いったいいくつなんだよ、団先生。
考えたら怖いぞ。


団先生とキングハデスの過去を考えれば、リュウを自分と同じように追い詰めて、仲間であるキュウたちにリュウを裏切らせることが、冥王星の目的だと思われるのですが。
キュウたちが、どこまでリュウを信じられるかが鍵ってことですね。

今回の最初の3つの殺人の犯人はたぶん紅城(旦那)だし。(←推理の結果ではなく、ただの消去法というあたりがイタイ)


ああもう来週最終回じゃん。
がんばれ、キュウ。
がんばってかわいいリュウを取り戻しておくれ。
主に私のために。



ドラマとは関係ない話だけれども。
田中実といえば、私にとってはウルトラマンメビウスのサコミズ隊長。
あのぼ〜よ〜とした性格にまず笑い、次にわざわざ部屋にコーヒーメーカーを持ち込んでいることに笑い、挙句の果てにそのコーヒーで殺されちゃったことに大笑いしてしまいました。
コーヒー飲んで死ねたらサコミズ隊長は本望だろう、うん。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


連ドラ決定!!

2007/09/04 15:28
須賀さんHPを見に行ったら、ドラマにレギュラー決定してました。
万歳!

秋ドラマは期待してなかっただけに嬉しい。
レギュラーってことは、また3ヶ月彼の顔が拝めるということです。
ふっふっふ。

土曜9時日本テレビ系「ドリームアゲイン」

日テレのHPで「タイトル未定」ってなってる奴だと思うのですが。
主演は反町隆史ですね。
どんな役だ。
出番が多いといいなあ。


いろいろと夏を満喫していたら、いつのまにやら「暗くなるまで待って」の公演も間近に迫ってきてました。
チケットを取りに行かなくては。
嬉しいことに「天国へのラブレター」の公開がかぶってるので、ついでに見に行きたい。
舞台ならともかく、映画のためにわざわざ東京まで行くのは辛いからねえ。

久しぶりに須賀友さんたちにも会えそうなので、楽しみです。

しかしながら。

泣かせる映画って苦手なんだよな。
理由はほかならぬ「泣かせるから」。

うう、覚悟を決めて、ハンカチ握り締めて見に行こう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


探偵学園Q 9

2007/09/02 11:12
9話目のQ。

なんつて。

さんざんやりつくされたネタの気がするね。
ま、いっか。


そんなことは置いといて。

なんだか仲間意識を持ち、よく笑うようになったら、リュウがカワイクテカワイクテカワイクテ。

犯罪級です。

メロメロです。

か〜わいいなあ。


…ま、そんなことも置いといて。

なんと今週はキュウの秘密が明らかに!
秘密なんかあったんだ?(←失礼)

団先生の最初の助手で先生の後継者と言われた連城さんは実はキュウに探偵の心得を教えてくれた「探偵のオジサン」で、本当のお父さんだった!
そういやお父さんいない設定だったっけ?
てかシゲ鬼かよ!

えー、ちょっとびっくらこきました。
なんとなく、この人が普通にテレビに出てると不思議な気がするわ。


だがしかし。

実はお父さんだと聞かされたばかりなのに、キュウが突然冥王星への憎しみをあらわにするのは、なんか唐突な気がしたんだ。
なるほど暗示か。
なるほど暗示だな。

冥王星の得意分野だし。

てか、使えるのケルベロスだけじゃなかったんだな。


そのケルベロスはと言えば。
先週のユリエさんのセリフで、冥王星からは見捨てられたかと思われましたが、きっちり脱走してくれました。
脱走のトリックも七海先生にしてはあっさり騙されたけど、あたし最初から予想ついてたんだけど。
逆に先生が騙されたことの方が信じられんわ。

てか、今よくよく考えたら、これって「ルパン三世」でさんざんやったトリックじゃん(爆)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


花ざかりの君たちへ 9

2007/08/28 22:57
ゴローちゃんとトウマ。
ジャニ対決ですか〜。

とりあえず、しちゃあいけないツッコミをひとつ。

たかが産休代理教師にそんな権限あるわけねえ。

どこまで弱腰なんだ、あの教頭。



しかし今回は、中津フィーチャリングかと思えば、瑞稀と佐野がこっそり進展してます!
佐野の嫉妬の仕方は、見てて笑えますねえ。
「負けない」宣言をしたのは、やはり中津の失敗では。
ぜったい佐野のブラックリストに載っちゃったからね。

花桜会もこんなところで使っちゃうとは思わなかったし。
思わなかったといえば、ゴローちゃんがこんなドラマにゲスト出演するとは思わなかったよ。
なんでもやっちゃうんだなあ。

神楽坂もフツーに出てきてしまいました。
どんだけ佐野のことを意識するのか、進展を楽しみにしてたのに。
やっぱりスルーかよ。

佐野にいいところを邪魔されたり、ポッと出の教師に因縁つけられたり、イイとこなしの中津くんですが、ラストにきてやっちまいましたよ!

つ い に バ レ ち ゃ っ た 。

佐野ですら見たことのない、瑞稀のハダカを見られたアナタは果報者!
たぶんそれで運勢全部使い果たしてるけどね!





ところで2寮にこっそりレイとアスカが紛れ込んでたんですが。
もしかしてシーン丸ごとカットされてたりする!?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


金食い虫

2007/08/25 10:01
私の自転車には意外と金がかかっている。
別に私が自転車マニアだとか、特別お高い自転車に乗ってるとかそういうわけでなく。

とにかく。
1日1時間、1週間に6日間、1年に300日近く毎日毎日乗ってれば、そりゃもうタイヤもズル剥けになって毎年履き替えるハメになる。

これが結構高くつく。
中古屋の自転車なら1台買えちゃいそうなお値段だ。

そういや今年は春先に、大学生くらいの男の子に激突されてタイヤごと取り替えた。
まだタイヤのゴム履き替えたばっかりだったのに。

会社の駐輪場は野ざらしだし、スーパーの駐輪場に置いとけばしょっちゅう倒されてるし。
よくパンクもしてるな。

いまや私の自転車は満身創痍。(要するにボロ)
乗り始めてからまだ確か3〜4年のはずなんだけど。

そんでもって、最近よくチェーンが外れるので昨日自転車屋に持っていったら、もう伸びきっていて駄目だというので、チェーンを取り替えるハメになった。
以前にもよく外れることはあって、そのときは少し締めてもらうだけですんだから、今回もその程度だと思っていたのに。

痛い。

まあおかげ調子はいいけど。

来年には買い換えなきゃならないかもな。

うーん、痛い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


探偵学園Q 8

2007/08/23 22:16
リュウがついに自らの出自をバラしてしまいました。
なんかさ、最初のころはみんな「仲間じゃない、ライバルだ」とか言い張ってたくせに、もうすっかり平気で「仲間だ」なんぞと言い切れるようになっちゃったのね。
キュウに毒されてるね〜。
一番ドンくさそうで、頼りなさそうなキュウだけど、結局一番影響力があるんだもんな。


そしてケルベロスの大誤算もキュウでした。

人が良すぎて、なかなかリュウのことを見放してくれない。

ケルベロスもね、なんだかんだと詰めの甘い男だと思うのだけど。
ここにいたって、ようやくキュウが邪魔だということに気づいて、排除しようとするわけですが、代わりに大事な坊ちゃんが怪我してしまいました。

アホだな、ケルベロス。

しかも捕まっちゃったよ、この男!
あ〜あ。


しかし、いくら走った方が病院まで近いからって、怪我人をそんなに盛大に揺さぶって大丈夫なのか。
運んでる間に死ぬぞ。

案の定、キンタの背中で気絶した模様。



そういえば、冥王星って殺人計画を提供する代わりに、やっぱりお金取ってるんでしょうか。
なんとなく気になる。
そういうのって法外な金額取られるんじゃないの、普通。
リュウの実家も、大邸宅だったしな。
でも殺人を肩代わりしてくれるわけではなく、自分で手を下さなきゃならないわけだから、それだけリスクを自分で背負うわけで。
なんか理不尽な気がするわ〜。

あ、この場合冥王星の連中って殺人教唆とか、そういう罪になるのかな?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


花ざかりの君たちへ 8

2007/08/22 23:43
佐野が!佐野が壊れてるよ!

先週から今週の一週間の間に、なぜだかピンクオーラ(←花ゆめ18号参照)だだ漏れです、佐野!

そんでもって「おとーさん」とか言われてショック受けとるわ!
あっはっは。


佐野の壊れついでに、すんFANのかっちゃんからも壊れたメールが送られてきました。
返信はしてません。
コワいから。


うーん、しかしすんは久しぶりにほかの生徒たちと同じ画面に映ったな。
舞台の方が終わったからかな〜。
つか、私が「お気に召すまま」の感想を書かんとな〜。


まあそれはおいといて。

瑞稀ですがな!

なんでしょう、佐野のことが好きだと自覚したはずなんだけど、相変わらずてか、この変わらなさっぷり。
だからこその瑞稀なのか。
オロオロしてんのは男どもだけだよ。

でも、報われない男、中津もついに佐野に宣戦布告したことだし。

瑞稀のことを男だと思ったまま、好きだと言いきれちゃう中津は、ある意味佐野より男前なんだけどね〜。

ほんとカワイソウな男だな、中津は。
泣けてくるぜ。



そういや、佐野に熱烈ちゅーを受けた神楽坂の対応も気になるところだったんだけど、今週は佐野との直接対面はナシでした。
しかしいつもの嫌味、も炸裂せず、佐野が載ってると聞いて雑誌を買ってみたりするあたり、無表情の裏にいろいろ葛藤があったりなかったり。
最もこの一件は最終的にスルーされそうな気がするんだけどな。



こないだの日曜に梅田まで行ったんで、オマケのひばり様電車の写真。
ホントは中津駅で撮りたかったんだけどさ。
時間の余裕がなかったわ。
画像


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


盆休み。はまだ来ない

2007/08/11 21:55
全国的に今日から盆休みのところが多いらしい。
帰省ラッシュのニュースを聞いて、はたと気付いたんだけど、なんか他人事のように実感がわかないわ〜。
なんせウチは今日も出勤、明後日も出勤。
盆休みは14日からだもんねえ。


地方では盆休みというと13日から15日までというのが普通らしいですが、京都では16日までが休みです。
この16日というのが外せません。なぜならその日は「五山の送り火」、いわゆる「大文字焼き」の日だからなんですねえ。


で、例年なら日曜を含んで4日間の休みになるはずが、今年は1日前の12日が日曜日。

ヤな予感はしたんだよ〜。

ウチはなんつってもガテン系の会社ですから、現場が動いてる限りは仕事するけれどもさ。
先週のミーティングで確認したら、やっぱり「13日は現場動きま〜す」とか、あっさり返されちゃったさ。
あああ。

休みが一日減っちゃったよ。


とりあえず、昨日ウチの会社の打ち上げ代わりの焼き肉パーティに得意先のエライさんが来てたので、文句は言っときました。

「どっかの現場が仕事するとか言うから、ウチも仕事ですよ、T井さん!」
「お、誰やそんなこと言うてんのは〜」

アンタの会社の人だよ!

T井さんは現場の人じゃないから、関係ないんだけどさ。
そしてT井さんは現場の人じゃないから、今日から16日まで休みだって言ってたけどさ。
げふん。


そんでもって、今日の帰りがけにウチの母から休みの確認の電話が入りまして。ナニかと思えば17日に兄がどっかへ遊びに連れてってくれるとか。

「アンタ17日から仕事やんな?」
「世間はみんな17日は仕事やっちゅうねん」
「お兄ちゃんは今日から19日まで休みやって」
「アホか!なんぼほど休むねん!お前とこはおかしいんじゃ〜、アタシに休みを分けろ!」

会社にも関わらず、ついうっかり怒鳴ってしまいました。
自分のせいでもないのに、理不尽にも怒鳴られた母の方がいい迷惑。



まあ愚痴ってても仕方ないので。
夏のお楽しみはまだまだあるしな!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花ざかりの君たちへ 6

2007/08/08 03:07
佐野が寮生の連中と一緒に行動することがないのはやっぱり舞台のせいかな〜。
微妙に声がかすれてる気がするんだけど。
もしかして、すんて意外とノド弱い?


そして今週は瑞稀自覚編。
ママに散々煽られ、佐野に抱きしめられないと自分の気持ちもわからないチョーニブチン。
遅すぎるぞ、瑞稀。

佐野もねえ、素直になれずに悪態ついては後悔し、あげく泣いてる瑞稀をみて、ついうっかり手を伸ばしてしまいました。
頭真っ白になってる感じがよ〜くわかったよ。

さて次回このことをどうフォローするのか楽しみだ。

中津にもばっちり目撃されてるしな。



寮生のみなさんは、相変わらず本筋とは何の関係もないところで、盛り上がってますが。
ヒロのはじけっぷりがだんだん激しくなっているせいか、なんか前より良くなってきてないかい。
今まではやっぱり天王寺やオスカーに負けてる感があったからねえ。
でも、難波先輩って頭悪い設定だったのか。

宝探しの結果は「花桜会」の白い学ラン。
3人してなんかちょっと似合ってないって言うか、ブカブカな気がしたんだけど。
それはおいといても、これは最終回にいたる布石なんだろか。


ところで、中津の「同居」。
前回、瑞稀のところへ忍び込もうとして佐野に突っ込まれるだけで終わっちゃったので、それだけかよ!と不満に思ってたんだけど。
まだ続いてたのね。

てか夏休みだってのに、誰も実家へは帰らないのか、ここの人たち。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


宝塚BOYS in兵庫

2007/08/05 00:34
地方公演も全部終わってるってのに、あまりにも放置しすぎなんでいい加減に感想を書けって話で。
これでホントに須賀FANだなんて大声で言っていいのか、私。

しかしまあ、以前からの須賀さんFANなら同意してくださるかと思うんですが。
最初に「宝塚」ってタイトルを見たときには、アノ人が歌ったり踊ったりするんですか?なんぞとおおいに不安に陥ったものですよ。

須賀さん演じる竹田くんは一人だけあとから入部してくる後輩役ってことで、劇中はたしかにほとんど歌い踊るシーンはなかったんだけど、最後の夢のレビューシーン!

ホントに歌ってるよ!踊ってるよ!
マトモだよ!!(←すっげえ失礼)


いやまあ、そんなんことはなくても、レビューのシーンはマジで感動しました。
あのシーンはいろいろ賛否両論あるみたいですが、なきゃダメでしょう、やっぱ。
そんでもって、席が2階席で遠かったもんで、普通にみてると顔まではっきり見えない中、レビューでみんな同じ格好をされるとホントにどれが誰だかわからなくなるのに、須賀っちだけは間違わずに見つけてしまえる自分に「愛」を確信しました。

ビバ、自分!


昔、テレビでヅカを見ていたころは、レビューってつまんねえと思ってたんだけども、実際に宝塚大劇場で初めて本物のレビューを見た時は、こんなに面白いものだったのかと思い直した記憶があります。
実際に羽根を背負ってあの大階段を下りてくることが、どれほどの憧れなのか、わからなくもない。
嘘でも夢でもいいからみんなの願いを叶えてあげてほしい、と観客に思わせたところであのシーンが来るから、価値があるのだと思います。

実のところ、私はあの大階段(実際は小階段程度の大きさだけども)が出てきたときには、思わず「やった!」と叫びそうになったよ。
思いのほか、ダンスシーンは長かったし。

切ないまんまで終わるところを、あのシーンのおかげで救われたよな。
見てるこちらの気持ちが。



さて、レビューの話ばっかしてますが、実際に見終わっての感想といえば、あれって脚本だけ読んでたら、さぞかし寂しい話だったろうな、ということ。
見てるときは爆笑の連続だったんだけどな。
だって、キャラクターが立ちすぎちゃって、もう誰かが出てくるだけでおかしいんだもん。

演出ってすごいな。

ただ宝塚の舞台に立ちたいと、非難や中傷にもめげず来る日も来る日も練習に明け暮れて、挙句の果てに夢破れて、残されたものは無駄にした青春か。
そんな切ないだけの話を、あんな面白おかしくしちゃうのか。
おかしいからこそ哀しいんだけど。

しかし見終わった後はすっきりさわやかでした。
ええもん見せてもろた、ってかんじ。



後はねえ、花緑さんがあんなに器用な人だとは知りませんでした。ピアノは弾くわ、歌もダンスも最初からそこそこ出来るレベルの役だったし。
アナタホントに落語家ですか。

それと吉野くんが思いのほか、変な人だった。二枚目の役なのに、出てくるたびに客席から失笑が漏れてるし。
それを、一緒に行ったMいちゃんに言ったら、吉野くんは元からそういう立ち位置の人だと言われてしまいました。うーん。



そして最後に。

須賀っちは今回も無駄に王子だった。

万歳。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる