日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜特撮

<<   作成日時 : 2006/03/12 01:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ウルトラマンマックス」
今回はなんだか昔のアニメ「うる星やつら」を思い出させました。特に映画の「ビューティフルドリーマー」とか。
不可思議、というより不条理感漂うカンジ。
でもこういうのも、マックスらしさではある。

カイトとミズキの恋愛が成就する確立を出そうとして、隊長に止められるエリー。うっかり余計な事を言ったばっかりに始まる隊長の過去語り。
いるよね、こういう過去の恋愛話とかを自慢げに語る男。
コバがさっさとジャマに入ったところを見ると、しょっちゅうやってるんだろうな、この人。

で、そのカイトとミズキは二人で天体観測デート。
そこへなぜか大量に星が落ちてきて怪獣に変化。
いや、ボケっと見てないで。ダッシュ隊員でしょうが、アンタたち。

この二人、確かに好きあってるんでしょうが、見てるとエリーの出した数値はかなり低かったんではないかと予測。なんとなくお友達で終わってしまいそうな。
最終回までにくっついたりしたら逆にビックリするわ。
コバとエリーの方は、エリーを構おうとする時のコバの必死な顔が、なんともかわいい。

星空の美しさを教えるために、地球の空を天蓋で覆い尽くしたというサドン星人。
夜空に輝く星たちが偽物だと言うなら、ウルトラマンやその他の宇宙怪獣たちはいったいどこからやってきたんでしょう。
謎だ。

しかし全体的にファンタスティックで美しい話ではありました。
ミズキがダッシュ隊員になった理由もいろいろ出てくるなあ。それだけいろんな出来事が重なって、今の彼女があるということなのでしょうが。



「セイザーX」
たっくんって艦長だったんだ・・・。
今更ながらに思い知るその事実。
巨大メカとか宇宙船とか、大技をもっていながら、セイザーって地上でのアクションがほとんどなので、ついその存在を忘れちゃうんだよね。
それにレミーって唯一の女の子で主軸のキャラだから、立場的にゴルドやアイン、ツバインと同じだと言う事に気がつきにくい。ゴルドたちがいないときでも、常にレミーはいるからなあ。まあ、拓人が頼りないんで仕方がないですか。
そういや、ブレアードも将軍なのに、いまやジャッカルの船のクルー。レミーたちと立場が一緒か。

今回は艦長三人がつかまっちゃったので、クルーががんばるお話。
いつもは片言しかセリフがないゴルドが喋る、喋る。
ゴルド役のロバート・ボールドウィンさんは日本生まれの日本育ち、あの外見で中身はまるまる日本人という話を聞いていたので、一度がっつり喋って欲しいなあと思ってたんですが。
セリフがイマイチ棒読みなんで、予想したほどの面白味はなく。

驚いたのはアイン・ツバインの方。
ずっとスーツ着用なんで、なんだろうとは思ってたんですよね〜。最初はロボットかとも思ったんだけど、ちゃんと出身惑星とかもあるし、第一風呂に入ってたし。
なんなの、なんなのアレ!
なんかうにょ〜って出てきたよ!
不定形生命体?もしくは車掌さん(@999)の親戚ですか?

レミーちゃんも今回は大活躍。今までも時折見せていた彼女の戦闘力の高さが、遺憾なく発揮されてましたね。
ちゃんと戦えるんじゃ〜ん。やっぱりサッカ−ボールで建物をぶっ壊した破壊力は伊達じゃなかったのよ。
よかった、よかった。

アクションは常に目新しくかっこよく、ストーリーもきっちりまとめてあって、今見てて一番楽しい特撮はこれかもしれない。
特に今回は各艦の艦長とクルーの特色が改めてクローズアップされてて、非常に満足な回でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜特撮 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる