日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜ドラマ「輪舞曲」最終回

<<   作成日時 : 2006/03/27 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

「輪舞曲−ロンド−」
何もかもが情動で解決されるドラマ。
そんなに犯罪者に甘くていいのか、日本警察。
このラストで感動できない私はやはり根性が曲がってますかね?
以下、個別対応。順番は気分。


夏目聡史(竹財輝之助)
  名前が最後まで覚えられなかったので、スターダストの竹財くんの日記から拝借。
  彼はどうやら最初からモグラだったのではなく、伊崎が死んでから龍吾に接触したようですね。
  あっさり殺されたものの、最後はおいしい役で良かったよ、テルちゃん。

一ノ瀬あきら(木村佳乃)
  このドラマではっきり好きだと言えるキャラクターは彼女ぐらいなもんでしょう。
  言葉が通じないもどかしさ、というのを一番体現してたのは、あきらちゃんだと思うし。
  たぶんずっと琢巳が好きだったんだろうに、ユナのためにいろいろと動いてあげたりして。
  健気。そして男前。
  彼女が顎でこき使っていた刑事はツルくんと判明。
  
風間龍吾(速水もこみち)
  最後はいろいろ引っ掻き回して話を盛り上げてくれたんで、私的にはおいしかった。
  ただ結局は「親の愛情に餓えて反抗した子供」っていう結論がな。
  これが龍吾だけなら良かったんだけど、ほかもみんな情で動いちゃったからな。
  本当に欲しかったもの=父親の愛情が最後に手に入ったから、彼的には良かったんじゃないの。

風間龍一郎(杉浦直樹)
  娘のため、などと言いつつ、つまりは宋の裏切りが許せなかっただけなのか。
  最後まで非情でいてくれればいいものを、息子の腕に抱かれて安心して死んでくなんてな。
  
風間琴美(市川由衣)
  一番報われなかったのは彼女じゃなかろうか。
  好きな男は手に入らず、お嬢さまからスーパーの店員への転落人生。
  あると思っていた父親の愛情も、結局はなかったも同然。
  実の兄だとて、妹に愛情があるのか疑わしい。しかも犯罪者。
  特に、父親殺しは罪が重いからな。

キム・ヨンジェ(シン・ヒョンジュン)
  彼の本名がついに聞き取れなかった。
  たぶんユナのことが好きだったんだと思うけど、なんでそうなのかは不明。
  彼の死に様は良かった。殺す事ないじゃん、とも思うけど。
  笑った顔がかわいいんだよな〜。
  
ヒデ(佐藤隆太)
  彼の背景は、ドラマの中ではついに描かれなかった。
  公式のPの話ではいろいろ書いてあったけど。
  で、そんなオイシイとこ取りのようなラストはアリなの?アリなの?!

金山恵子(吹雪ジュン)
  琢巳のお母さん。彼女の毅さはすごい。
  徒に甘やかさない事で、その愛情がうかがえる。いい。

伊崎(石橋陵)
  死んでからも活躍してくれましたね〜。彼の残した書類で琢巳はあっさり刑事に復帰。
  しかも警部補から警部に昇進?
  ただ、彼がなぜ琢巳に父親を殺したのは龍一郎だと教えたのか。 
  その謎だけは不明のまま。

松平夫妻(塩見三省、岡本麗)
  ただユナたちのお向かいさんだったというだけで、大変な事件に巻き込まれちゃったねえ。
  最初は通訳から、最後は琢巳の貴重な情報源と大活躍。
  しかし、そんなにユニにつきっきりで店は大丈夫なのか。

ユニ(イ・ジョンヒョン)
  電話一本で宋を改心させた強者。
  病気がすっかり良くなったのはいいんだけど、ホントにその元チンピラでいいの? 
  考え直すなら今だよ、ユニ!

(橋爪功)
  結局彼の過去についてはスルーですか。
  龍一郎についてきたわけも、裏切ったわけもわかったけどね。
  なんでユナ達を引き取ったのかとか、なんで日本に来るのに誘拐された事になってんのかとか。
  そのへんを説明してくれないと、彼の戦後が電話一本で否定された理由がわからんだろ。
  まあ、最初からユナ達に対して情があったと仮定して、の話だが。
  
ユナ(チェ・ジウ)
  犯罪者なのにあっち行ったり、こっち行ったり。いろいろ甘やかされてる人だったな。
  ラストあたりは「涙の女王」の名に違わぬ泣きっぷりでした。
  なんでそんなに早く日本に帰ってこれたのかは不明だけど。
  騙されて手伝わされたということで、案外罪は軽かったのか。

金山琢巳(竹野内豊)
  いろいろと謎は残されてるんですが。
  設定年齢はいったい幾つ?30は越えてる計算だよね?
  モグラになって3年って言ってたと思うんだけど。
  警察学校を出てすぐ、とも言ってたような気がする。
  彼の20代はどこへ行ったんだ。
  そして、警察官が元犯罪者と付き合うことは、問題にはならないのか。
  それとも警察は、そんなにユナに対して同情的なのか。
  そりゃまあ、警察官の娘でもあるけどさ。


総括  最後まで見切ったけれども、私の中ではあまり評価は高くないのです。題材的にはすごく好みなんだけど、結局は恋愛ドラマだしね。
恋愛ドラマが悪いというのではなく、恋愛ドラマにしてしまったのが残念。
そして悪い人たちが誰も彼も情にほだされて改心、おかげで事件は解決、なんて終わり方が安直でイヤ。
死んで終わりとかさ。

なんというか、引き合いに出すのもなんなんだけど、「白夜行」の雪穂と亮司とか、「神は・・・」のヤス子とテツとか、「アンフェア」の雪平と安藤とか、どうにかして幸せになってくれと願う気持ちが、この二人には湧かなかったのが、敗因かな。(←全部悲恋じゃん)
別に悲恋が好きなわけじゃないぞ。かわいいカップルが好きなだけだ。
「牙狼」の鋼牙とカオルとか「功名が辻」の千代と一豊のカップルも好きだもん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
輪舞曲
 第11話  やっぱり伊崎さんが琢己が刑事だという証拠残してくれてたんだねさすがは伊崎さん ...続きを見る
お洒落なCUTE
2006/03/28 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
面白い切り口ですね。 私もなかだるみしましたが ラストは意外といい出来だったと
思いました。TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/yumeko3645/
夢子
2006/03/27 01:08
このドラマ、内容がどうこうと言うより、たけのうち ゆたかが、かっちょええやん〜で毎週かぶりつきで見てましたわ。今までたいして好きな俳優さんでもなかったけど、今回はど真ん中に来ましたねえ。最終回ハッピーエンドで良かったわ。あれで、たけのうちくんが死んでたら、あたしゃショックで寝込むとこでしたよ。ビデオに撮って、何回も見てたらダンナが そんなん たけのうちもオレもそんな変わらへんやん。とか言いよったんでミゾオチにカウンターで前蹴り決めときました。
るい
2006/03/31 23:26
アニマル慎二のくせに!(笑)
このドラマはラブロマンスを求めるか、サスペンスを求めるかで評価が分かれたようですね。

ダンナには私の分でもう一発殴っておいてください。
まおみ@ブログマスター
2006/04/01 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜ドラマ「輪舞曲」最終回 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる