日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜深夜特撮

<<   作成日時 : 2006/03/28 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「牙狼<GARO>」
アクション、アクション、アクションの連続で目が離せません。かっこいい。
でも牙狼ももう終わりなんだな、淋しい。
講談社のWEBサイトでのインタビューで監督が「牙狼に終わりはない、いつか形にしたい」と言ってたので、いずれ続きが見れるかもしれません。ただ「牙狼世界」の続きで、鋼牙とカオルの続きではないでしょうがね。
残念な事にこのインタビューが載っていたサイトは過去のコンテンツはどんどん削除されていくらしく、もうインタビューが読めません。時間がなくて私も最後まで読めなかったんだけど。
しかも私が見る以前に小西大樹くんと藤田玲くんのインタビューも載ってたらしい。見たかった・・・。

さて本編。
てっきりバラゴがラスボスだと思っていたのに、実はメシアの方がラスボスだった。なんてこったい。
しかし京本さんがアップになるたび、ドーランが厚塗りで今にも顔が崩れそうに見えるのは、やはりわざとなのか。
秘薬で顔を変えている設定だから、そう映るように作っているのよね。そうよね。そうに決まっている。そういうことにしておこう。うん。

小西くんと藤田くんは言わずもがなですが、今回は女性陣のアクションがすばらしい。
特に肘井美佳さん。カオルちゃん、
ミニスカートで足技連発。サービスですか、サービスなのですか
素直に喜んじゃいますよ。私、女だけど。
ところで肘井さんはなにか格闘技の素養がおありなのでしょうか。ガルムの吉野公佳さんに比べると突きにしても構えにしても形が決まりすぎる、というか、腰が据わりすぎてる。
吉野さんの方が、動きが非人間的で、いかにもな感じなんだけどな。

鋼牙がカオル=メシアに腹をぶった切られ、飛ばされたところを零につかまって戻ってくるあのシーン。
申し訳ないけど、笑いそうになりました。
なんか、振られても振られてもしつこく言い寄る男のようで(笑)
その前のガルムVS零でも、バラゴVS鋼牙でも一方的にやられるばっかで、それでもしつこく食い下がっていたので、さすがに3度目ともなるとどうにもおかしい。
だいだいアンタら、前回すでにボロボロじゃあなかったか。なんでそんなに元気なんだ。魔戒騎士の身体ってどうなってるの?


いよいよ姿を現したメシアの本体。
名前はキリスト教の救い主なのに、ビジュアルはまるでインド神話の神様のよう。つーか、さすが深夜番組。大人向け特撮。
こんな方が日曜の朝から登場した日には、世の親御さん方がテレビの前で仰け反ることでしょう。お父さんはひそかに喜ぶかもしれんが。
しかし造型も美術もハンパないな、牙狼。美しすぎます。


ガルムは始めから暗黒騎士がメシアに喰われると知っていて、バラゴに協力していたのでしょうか。子供がいることといい、彼女の素性が気になるんだが、来週やってくれるのか。
今週ちらりと出てきたゴンザの動向も気になるところ。
帰ってくる鋼牙達のためにゴハンを用意しに行っただけだったら笑うけど。それもまたよし。

そして、鋼牙が最後の戦いの前に持っていった「カオルがこれから描くはずだった絵」は来週の伏線なのか。
最後はメデタシメデタシで終わるだろうけど、どうやってそこまで持っていくか。
楽しみだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜深夜特撮 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる