日々こもごも

アクセスカウンタ

zoom RSS 「名探偵コナン」ドラマスペシャル

<<   作成日時 : 2006/10/03 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)〜

タイトル長っ。
なかなかおもしろく見れました。
コナンじゃなくて、新一の話でドラマ化するところがいいやな。
しかもコナン役の高山みなみのナレーションで始まって、最後にちゃんとアニメの第1話に繋がるように作ってあるし。
ラストで子供達が出てきたところで、姿はよく似た子役の子たちを使ってるのに、声は声優さんたちを使って吹き替えってのは、わかりやすくはあるけど、めちゃめちゃ浮いてたな。
出来たらそのまんま、クスリを飲まされるところまで小栗旬でやって欲しかったなー。
で、子供の姿になったところでアニメに切り替えるのさ。


いきなりラストの話から始めてますけど。


漫画にしろ小説にしろ、原作を知ってると、ドラマ化には多少の不安は付き物です。
小栗旬が高校生役やってるのって、見たことなかったし。
ものすごーく良かったとは言わないけど、思ったより良かった。
毛利小五郎はものすごーく良かったけどね。やっぱいいねえ、陣内さんは。
役回り的に、アニメよりも男前になってたんではないだろうか。沖野ヨーコがちゃんと出てきたのも笑った。しかもベッキーだし。
黒川智花ちゃんは、本人はインタビューで「優等生役とかが多いので」って言ってたけど、私的にはこの間の「てるてるあした」のイメージが強いんで、そんなに心配はしてなかった。
微妙だったのは目暮警部だな。ちょっと作りこみすぎなんじゃあ。

蘭の誘拐の謎と犯人は考えるまでもなく、わかってしまいました。
園子の隠し場所も、いかにもって感じで大写ししてたんで、後からあああれか、とわかっちゃったし。ただ上げ底かと思ったら鏡のトリックだったのね。あれは間近で見たら一発でバレるような気がするんだけど。
トリックも犯人バラシも割とオーソドックスなネタだった。
実はアニメも漫画もほとんど見てないんだけど、いっつもあんな感じなのかな?
週刊連載でよくあれだけ事件を思いつくよなーと常々感心はしてるんですが。


で、コナンといえば怪盗キッド。
どこかでちらっと出てくるとは聞いてたので、どこで出てくるのか楽しみにしてたんだけど。
なんか空飛んでたな。
ちょうど気を抜いたとこだったんで、危うく見逃すとこだった。アブネー。
ま、別にクイズには参加してないんだけどね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
小栗旬〜(*≧m≦*)!!!!!いやあ、いいね!!よかったね。 どうやら青山剛昌氏本人が新一役は小栗旬ご指名だったそうですが、なかなかハマってたんじゃないでしょうか? しかし、怪盗キッド、どこで出すんだろう?とちょっと期待してたんですが、肩すかしくらわされた感じでがっかり。
Kつひこ
2006/10/03 02:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
「名探偵コナン」ドラマスペシャル 日々こもごも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる